toggle
2015-12-07

Xperia Z5の指紋認証とSmart Lock

※Xperiaアンバサダー企画のモニターとしてXperia Z5をお借りしています。開発機のため製品版とは仕様が異なる場合があります。

Xperia Z5シリーズより、指紋認証機能が搭載されました。これが結構精度良くて便利で気に入ってます。使ってみるまでは「指紋認証なんて別にいらない」と思ってたのですが、あると便利ですね。

指紋認証の設定

まずは設定→セキュリティへ。


セキュリティで、「画面のロック」をPINもしくはパスワードに設定します。これは、指紋認証が失敗したときに入力を求められるのでそのための設定です。


「画面のロック」をタップすると、パターン、PIN、パスワードが選択できるようになっていますが


このように、パターンを選択するとアラートが出ます。なのでPINもしくはパスワードで設定します。


セキュリティに戻り、指紋設定のメニューへ。オレンジの+アイコンをタップで指紋登録が開始されます。


登録完了まで、何度も指紋を電源ボタンに軽く押しつけます。コツは、指の腹側だけではなく両サイドや爪の際も登録することかなって思いました。


登録完了です。どの指を登録したのかを入力できるようになっています。5つまで登録できるので、よく電源ボタンあたりを触る指を何本か登録しておくと良いんじゃないでしょうか。私は、左手で持ったときと右手で持ったときそれぞれで電源ボタンに近くなる指を登録しました。


難点としては、指が濡れている場合やハンドクリームを塗った直後などは認識しづらいということです。それ以外で失敗することはほぼないくらい快適に使えています。

Smart Lockとの関係

Android 5.0(Lollipop)より搭載された機能に、Smart Lock(スマートロック)というものがあります。設定→セキュリティから設定することができます。


Smart Lockとは、指定した条件により端末のロックを解除もしくはロックをかけない状態にできる機能です。指定条件には次のようなものがあります。

この中でも、
・信頼できる端末をペアリングし、その端末とBluetoothやNFCなどで接続されている場合
・信頼できる場所を設定し、その場所にいる場合
・持ち運び検知機能をONにし、端末を身に付けている場合(手に持っていたりポケットに入れているなど)

上記の場合、ロックは解除された状態のままになります。(顔と音声は登録した顔と音声を認識させることで解除になります)ロックが解除された状態のため、スリープを解除するとカギアイコンが解除されている表示になっています。このままスワイプするとHOME画面に移ります。


逆を言えば、信頼する端末との接続が切れているとき、信頼できる場所にいないとき、持ち運んでいる状態ではないときはロックがかかった状態になるということです。自分が信頼できる条件を満たしたときに、ロックの解除やロックをかけない状態にできるということなので、便利な機能なのです。

ということで、指紋認証を設定していても、指紋認証を必要としないSmart Lockの設定をしていれば当然、Smart Lockで設定した条件を満たしたときにロックが解除された状態になるので、指紋認証をすることなくロックが解除されるということになります。(指紋認証だけではなく、パターンやPIN、パスワード入力に関しても)

例えば自分の近くに誰かがいる状態で、信頼できる端末と接続しているとき、信頼できる場所にいるとき、持ち運んでいるときは、自分でなくても解除できるということになるので、確実に自分のみが、自分の設定した操作をしたときだけロック解除をしたい場合は、Smart Lockでは顔/音声認識以外の設定は行わないのが吉かと思います。

※私のわかる範囲で書いていますが、認識違いの部分があったらご指摘ください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です