3月 02

もう年末の話なんですけど、書くの忘れてた。
DSC-RX100を中古でゲット。
α7Ⅱとレンズを撮りたいときに別のカメラが無くて困ったので買いました。
勿論、役目はそれだけではないですけど、その時一番困ってた理由がそこ。
My RX100

多少汚くても良いから、RX100の中古で良い感じのお値段のがないかなー、ないかなーと探していたらある日見つけたのがこれ。
美品だと中古でもまだ三万円するRX100が一万円代だったのでした。

なんでRX100が良かったかというと、周りで使ってる人がいて写りも好きだったし、やっぱりメインで使うカメラと変わらない操作感にできるカメラが良かったから。
あと、ⅡもⅢも出ててスペックで言ったら断然Ⅲだけど、これで十分だし、ここにたくさんのお金をかけられなかったから。(笑)

これは見に行くしかない!!とショップに電話して「見てみて考えたいんですけど」って話したら、「大歓迎ですけど、見たらびっくりするくらいボロボロですよこれ。大丈夫ですか?」と何度も念を押され、ネットの情報ではわからなかったけどそんなにひどいのかー、どれだけなんだろうと半ばワクワクしながらショップに向かいました。

ショップについて、ドキドキしながら出してもらうのを待って、いざ見てみたらなんてことなかった。確かにボロボロだけど、ちゃんと動くしレンズに傷もないし、許容範囲内でした。

ここを下にして落としちゃったんだろうね。
My RX100

角がハゲてます。
My RX100

ハゲハゲ。
My RX100

付属品は、バッテリとストラップのみ。
もうちょっと安くなりますか?って聞いたらまけてくれました。やったね。

古いものってなんとなく愛着湧きます。
まだケース買えてないので買いたい。あと、RX100用にPOCKET三脚Sの赤を買いたいなーと考え中。赤、かわいいし、RX100に似合うと思う。


マンフロット POCKET三脚S(レッド)MP1-C810

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 2020万画素CMOS 光学3.6倍 ブラック DSC-RX100


Tagged with:
3月 02

2/27にディズニーランドに行ってきました。ライフログとしてのエントリ。
Walt Disney & Minnie Mouse

持って行ったカメラはRX100のみ。
それもほとんど使いませんでした。

平日だったんだけど、天気もよく修学旅行生と思われる子たちや、家族連れで結構混んでました。オラフやプリンセス(主にエルサ)の格好をした子どもがいっぱいいて可愛かったです。プリンセスは、髪の毛もきれいにセットされてる子が多かった。ホテルのプランか何かで、そういうサービスがあるんでしょうね。
Olaf

髪の毛を頭の両サイドでふたつにお団子にして、ミッキーみたいにしてる女子高生とか、全身気合いを入れてコスプレしてる子がいっぱいいて、ああいうの見るとかわいいなって思う。今日のために精一杯おしゃれしてきたんだろうなーと。

園内に入るなりダッシュしてアトラクションとかファストパスゲットに向かう子とか。
走ったら危ないしダメだけど、はやる気持ちはわかるなーと思います。
限られた時間、ひとつでも多く乗りたいよね。言ってることがおばあちゃんみたいだけどそう思う。勿論、ぶつかられたらムッとはするけど(笑)

ここ、写真に撮ったら素敵なんだろうなーというポイントはたくさんあるんだけど、撮り始めたら最後、撮ることに夢中になってしまうのでそれは封印。
年パスがあったら、撮るためだけに行きたいなあ。

体験したアトラクションは、
・ビッグサンダー・マウンテン
・ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション
・ビーバーブラザーズのカヌー探険
・イッツ・ア・スモールワールド
・白雪姫と七人のこびと
・ミッキーのフィルハーマジック
・ロジャーラビットのカートゥーンスピン
・バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

書き出してみたら、結構乗ってた。
入る前は「三つくらい乗れればいいやー」くらいに思ってたのに、中に入ったら欲張ってた。

お昼はグランマ・サラのキッチンでスペシャルセットと、オムライスの蟹クリームコロッケ添え。あと、クリッターカントリーケーキ。
「アナとエルサのフローズンファンタジー」スペシャルセット

オムライスの蟹クリームコロッケ添え

ポップコーンは、やっぱりキャラメルが安定のおいしさだった。
ドリンクはワゴンで売ってた、ホットチョコレートドリンク オレンジマーマレード入りがおいしかった。マシュマロが浮いてるの、すごいツボ。


スモークターキーレッグ、初めて食べたけどおいしかった。


イッツ・ア・スモールワールドは相変わらずかわいい。
It's a Small World

It's a Small World

エレクトリカルパレードも楽しかった。
Electrical Parade

後ろから見ると肩を落としているように見えるサリーの背中に、コバンザメのようにくっついてるブー。
Electrical Parade

リトル・グリーン・メンの光るやつゲット。かわいい。


一番楽しみにしていたのは、ワンス・アポン・ア・タイム。
夕方から風が強くなったせいか、火が出なかったのはちょっと残念だったけど、やっぱり楽しかった。美女と野獣のシーンが一番好き。写真はひとつも撮ってなかった。

印象的だったのは、カヌーに行く道を調べててパンフレットを広げて見てるとき、キャストのお兄さんが「どうしました?」って来て道案内してくれたんだけど、道の途中で「この中に、カヌーに行くまでの地図があります。見つけてください!」みたいなことを言って楽しませてくれたこと。こういうの好き。テンション上がります。

すごく楽しかった。
去年も今年もランドに行ったから、次はシーに行きたいな。


Tagged with:
2月 22

PIXI×α7Ⅱ

少し前に、マンフロットのPIXIミニ三脚を買いました。
最近はできるだけカメラを持ち歩くようにしているのですが、PIXIは小さくて軽い(190g)ので一緒に持ち歩くようにしています。

α7ⅡとNOKTON Classic 35mm F1.4、VM-E Close Focus Adapterの組み合わせに追加しても、全部合わせて約1kg。

耐荷重1kgだけど、イベント参加や撮影目的で出かける予定が無い日に、85mm135mmを持ち歩くことはほとんどないので十分。

ホワイトすごく可愛いけど、汚れやすいので使ったらこまめに拭いてあげると良いですよ。



Manfrotto ミニ三脚 PIXI ホワイト MTPIXI-WH

「三脚が必要になる写真なんてそんなに撮ることないし」と思っていた頃もありました。愛用してるα7Ⅱはボディ内手ぶれ補正があるし必要なさそうに思えるけど、あると撮れる写真の幅が広がるので三脚大好きになりましたよ。


2月 22

※ドコモさんより、ARROWS Tab F-03Gをモニターとしてお借りしています。

先日参加した、第3回タブレット アンバサダーファンミーティングでドコモの方に教えてもらったサービスの一つ、「Mobizen」。

https://mobizen.jp/

簡単に言うと、パソコンとスマートフォンやタブレットなどの端末を接続できて、かつ、パソコンからスマートフォンやタブレットの操作が可能になるというアプリです。また、スマートフォンやタブレットの画面操作を録画することもできます。

使い方は簡単。
アカウントを設定したら、パソコンから専用サイトへアクセスしてログインするだけ。

タブレット上で表示する、キャプチャ用のウィジェットの透明度や動画の画質、解像度、オーディオ録音のON/OFFなどはMobizenの「録画設定」から変更可能。




例えばドコモの「地図ナビ」で、3D地図を使うと名前の通り3Dで地図を見ることができるんですけど、メニューから季節や時間帯、天気を選ぶと地図の見た目も変わるんです。って文字で説明されたら、言ってることはわかるけど、実際目にしてないのであまりピンとこなかったりしませんか?

Mobizenを使うとこんなふうに動画キャプチャできるので、ブログで端末やアプリのレビューをするのにもってこいだと思いました。


パソコンとMobizenを接続すると、スマートフォン/タブレットを操作している様子をパソコンでリアルタイムで見ることも、逆にパソコンから操作することも可能です。
これはパソコンからタブレットを操作しているところです。


また、スマートフォン/タブレットを接続して、それぞれの端末内にあるファイルの共有も簡単。タブレット側からだと、「写真」のメニューから端末内にある写真を選び


上のメニューにある「パソコンに追加」を選択するだけです。


自宅に置き忘れたスマートフォンの着信をパソコンのブラウザから確認、そのままSMSで返信も可能。
スマートフォンを紛失した際に、現在地を表示させたりマナーモードをはずして音を鳴らす、という使い方も!
スマートデータリンク Mobizen
https://www.nttdocomo.co.jp/service/convenience/mobizen/

アプリをインストール→Mobizenのアカウント作成→パソコンから接続する
この作業ができれば、離れて住んでいる家族のスマートフォン/タブレットもMobizenを使って、ファイルを共有したり、操作方法を教えてあげることが可能になりますね。

接続中は通知領域にアイコンと通知が出ます。


アプリから「接続方法変更」を選ぶと、ローカル接続(P2P)設定とLTE/3G接続設定のON/OFFを選べます。


このエントリを書くにあたり、Mobizenを活用していますがすごく便利。
あとは、お正月に実家に帰ったら母が聞いたことのないAndroidタブレットを買ってしまっていたので、次の機会にMobizenをインストールして、母が困ったときには遠隔操作でタブレットの操作方法を教えたり、設定の変更をしたりということをしてあげれたらと思っています。


Tagged with:
2月 21

第3回タブレット アンバサダーファンミーティングに参加してきました。
今回のテーマは、「タブレットでドコモのサービスを楽しんでもらうための作戦会議」。
第3回タブレット アンバサダーファンミーティング

テーブルは決められていて、私が案内されたのは「フォトコレクション」のテーブル。
写真関連っぽいな、どんなサービスなんだろうと期待。

5つのサービス

まずは軽く、ドコモの5つのサービスについてそれぞれの担当の方にお話いただきました。
・dマガジン https://www.nttdocomo.co.jp/service/entertainment/dmarket/magazine/index.html
・dビデオ https://www.nttdocomo.co.jp/service/entertainment/dmarket/video_store/
・PHOTO COLLECTION https://www.nttdocomo.co.jp/service/entertainment/photo_collection/
・ドコモ地図ナビ https://www.nttdocomo.co.jp/service/information/map_navi/
・Mobizen https://www.nttdocomo.co.jp/service/convenience/mobizen/

勝手なイメージ

正直今まで、ドコモの独自サービス(アプリ)ってまともに使ったことがないんです。使うのを避けてきました。
なぜかと言うと、ドコモのメールアドレスを持っていないのだけど、どれを使うにも必要そう(新しくアドレスを作らなければいけなさそう)とか、アプリが重そうとかお金がかかりそうとか、色々勝手なイメージがありますが、一番あるのは「強制的に感じるから反発しちゃう」なのかもしれません。
自分で選んだわけではない、使わなくても支障が無い独自サービスのアプリがデフォルトでたくさん入っていて、ちょくちょくdocomo IDの設定を促されるのってそんなふうに感じてしまいます。

ただ、そういった先入観で使ったことがなかったので、詳しく聞いてみたら実は便利で、楽しいアプリやサービスなのかもしれないとは思っていて、説明を聞いたりデモを見たりと、体験してから自分の端末で使うかどうかを検討する、というのはやってみたかったので今回楽しみに参加しました。

タブレットの貸し出し

今回のイベント参加者に、存分にドコモのサービスを楽しんでもらおう!と、二週間タブレットを貸し出していただけるとのこと。
ARROWS Tab F-03GGALAXY Tab S 8.4 SC-03G、どちらが良いですかーと希望を聞かれ、私はARROWS Tab F-03Gを希望しました。

ARROWS Tab F-03G、10.5インチってかなり大きいですね。
映画や本を見るのに良さそう。
第3回タブレット アンバサダーファンミーティング

GALAXY Tab S 8.4 SC-03Gはコンパクトで、Bluetoothのキーボードが付属してました。
お隣の女性はこちらを借りてました。
第3回タブレット アンバサダーファンミーティング

キーボードをセットしたところ。
第3回タブレット アンバサダーファンミーティング

タブレットアンバサダーファンミーティングはこの日で私は三回目の参加なのですが、これまではドコモの製品やサービスをメインに紹介するイベントではなかったので、今回とても新鮮な感じでした。

サービスの説明

それぞれのテーブルに置いてあったプレート(?)に書いてあるサービスの担当の方が来て、サービスについて詳しく説明してくださいました。

私がいたテーブルは「PHOTO COLLECTION」の担当のイワオさん。(すみません。ちゃんとお名前全部伺ってなかったので、名字なのか下の名前なのかも、漢字も不明です。)

とっても気さくな方で、楽しくお話してくれました。
プレゼンでも仰っていたのですが、PHOTO COLLECTIONについて「写真をクラウドに保管する、それだけのアプリなんです」と、めっちゃ笑顔での説明。
第3回タブレット アンバサダーファンミーティング

フォトコレクション(アプリ側)を立ち上げて、「設定」から自動アップロードON/OFFで、端末で撮った写真を自動でフォトコレクション(クラウド側)にアップロードするかどうかを選べます。
対象ファイルやファイル形式、通信環境なども好みの設定を選択できます。


スマートフォンとタブレット、両方持っていたら、どちらにもフォトコレクションをインストールしてスマートフォンに保存している写真をフォトコレクションにアップロード、タブレットの大きな画面で見る、ということができます。

私はそういう役割にFlickrを使っているのですが、Flickrは英語だしアプリを入れるにもちょっと工夫が必要なので、よく知らないと使いづらいというか、使い始めるのにも一苦労ですよね。(英語苦手なので、未だにわかっていないメニューがあったりします。)
こういった、プライベートの写真をクラウド上に保管できるwebサービスをイチから探したり調べたりするのに比べると、既にアプリがインストールされているフォトコレクションは、安心感も手軽さも段違いだなあと思います。

ドコモユーザーなら誰でも無料で5GBまで使えます。
容量は追加で購入することも可能だそうです。
「おすすめパック」にすると、月500円でスゴ得コンテンツ/iコンシェル/クラウド容量プラス50GBがセットになっているそうです。この追加容量は、データ保管BOXとフォトコレクションとで合わせて使える容量だそうです。

ドコモ サービスパック
https://www.nttdocomo.co.jp/service/servicepack/

「フォトコレクションだけだとたいしたことはできないんですけど、他のアプリやサービスと連携させることで色々なことができるんです」とイワオさんが教えてくれたのが、「Clip」と組み合わせた楽しみ方。
第3回タブレット アンバサダーファンミーティング

Clipは、端末の中にある動画で「動く写真」を作れます。
その写真を、Clipを起動してQRコードをスキャンしてかざすと動き出すという面白アプリ。



文字だとピンとこないと思うんですけど、こんな感じになります。

フォトコレクション専用のアプリではないのですが、「これ年賀状とかに良いね!」とテーブルで盛り上がりました。
「今わたし、よそのサービスの説明をしています」とイワオさんがニコニコしながら話しているのが楽しかったです(笑)

そして、改めてフォトコレクションの設定画面を見てみると


なんか、たくさん設定ありますよね?

「お便りフォト設定」というのは、数年前に流行った「お便りフォトパネル」(ドコモ端末の名称)を改めて活用できる設定だそうです。押し入れに眠ってるだけで活用されていないケースも多いとか。ここで設定しておくと、フォトコレクション内の写真をランダムでフォトパネルに表示できるそうです。
私も持ってましたけど、自分で写真を送るのがめんどくさくてすぐ使わなくなりました…。こういうサービスがあったらもっと活用できたなあ。

他には、Facebookとの連携があったりGoogleカレンダーとの連携があったり…。
「全然、何にもできないアプリじゃないじゃないですか」とみんなで言うと、「そうなんです、実は色々できちゃうんです」と。
第3回タブレット アンバサダーファンミーティング

「最初は、あれもできるこれもできると言ってたんですけど、よくわからない機能を伝えると、わかりづらいし必要ないって言われちゃうから、一番大事な部分だけ伝えていくことにしたんです」と仰ってました。

確かに、シンプルにメインの機能を伝えてもらうほうが頭にスッと入ってきますね。

と話しているうちに、オートアップロードの設定にしておいたので、タブレットで撮ってみた写真がどんどんアップロードされていっていました。


こういうサービスって、最初の設定だけしてあげれば、自分の家族にも安心して使わせてあげられるのが良いなと思います。

その後、また別のサービスの担当の方がテーブルに順番にいらして、説明してくださったのですが、中でも「これは!」と思ったのが「Mobizen」。



これは、もっと早く知りたかった!!ブログ書くときとかにすごく役立つ!!と思いました。長くなってしまうのでまた別エントリで書きます。

一回目、二回目とは趣向が変わって、今回はドコモのサービスについてがメインのイベントでしたが、「中の人」たちとの濃いコミュニケーションがとれるというところは今までと変わらず。締めの挨拶でイワオさんが仰ってましたが、「みんな想いを持って作っています。」と。

規約だったりなんだったりというのはまた別として、サービスやアプリというのは(イベント以外でのことにも言及すると勿論それだけではありませんが)、どうしたら便利になるか、どうしたら楽しいか、どうしたら誰かのキラーアプリになれるか、とかとか、色んな想いが詰まっているんですよね。

こういった方々とコミュニケーションをとる機会が無くて、Google PlayやApp Storeの画面だけ見てるとその向こうに人がいるというのはあまりピンとこないかもしれません。今回のようなイベントで実際にお話できると、サービスがより一層身近に感じられるというのを再認識しました。

とっても貴重な機会をありがとうございました。
楽しかったです!

「家族のタブレット活用術!」まとめサイト

他の参加者の方々のレビューはこちらからどうぞ。


2月 18

唐突ですけど、私が大好きなFlickrには写真の編集機能なんかもあったりします。
写真の右下で、Edit in Aviaryを選んでください。
Google翻訳したら、「鳥小屋で編集」という訳になったので意味はあまり考えないほうが良いかもしれません。


左から二番目の「エフェクト」を選びます。


なんでも好きな色合いのを選びましょう。
英語なのでちょっとわかりづらいですが、保存は上書きと新規が選べたと思います。


エフェクトとは別で、フレームを変えることもできますよ。


きれいなサトちゃん
きれいなサトちゃん

ニューシネマサトちゃん
ニューシネマサトちゃん

ドリーミーサトちゃん
ドリーミーサトちゃん

ノスタルジックサトちゃん
ノスタルジックサトちゃん

セピアなサトちゃん
セピアなサトちゃん

ハイコントラストなサトちゃん
ハイコントラストなサトちゃん


どのサトちゃんが好きですか?


2月 11

前から一度行ってみたいと思ってたけどすっかり忘れてた、有楽町にある「ラ・メール・プラール(la mere poulard)」へ行ってきました。

ここはモン・サン=ミシェルに本店があって、ふわふわオムレツが看板メニューなのだとか。モン・サン=ミシェルといえばオムレツ、くらいに有名らしいですね。
卵料理大好き!なので期待大で向かいました。
74席あるそうですが、念のため事前に電話して席をとっておいてもらいました。

店内こんな感じです。赤がポイントになっていて可愛い。
la mere poulard

ブログに書く予定ではなかったのだけど、書いておきたくなりました。すごくおいしかったから。写真はこの後、スマートフォンでしか撮ってないです。

私がオーダーした、きのこのオムレツ。
大きく、ふんわりしてて揺らすとプルプルするんです。


プルプルしている様子


バターの香りがたまらない!しあわせ!
オムレツは、泡のようにふわふわした部分と、しっかり焼いてある部分が楽しめます。
濃い味が好きな人には、味がちょっと物足りないかもしれない。私は薄味が好きなのと、卵とバターが大好きなのでとてもおいしくいただきました。

これに好きなオードブルが一品、デザートが一品、ドリンク、パンorフライドポテトが付くコース(3,300円)でした。

デザートもすごくおいしかったです。
私は塩キャラメルのクレープをオーダー。
海苔の上に何か巻物がのっているように見えて、伝わりづらいと思いますがクレープです。


一緒に行った人がオーダーした、デザートオムレツ。
こちらはオムレツの上にお砂糖がかかっているので、溶けたバターとお砂糖の香りがたまらない!


どれもおいしくて、お店の雰囲気やサービス含めてこの価格はすごく得した気分。
絶対また行って、オムレツ8種類を制覇したいです。


ラ・メール・プラール
http://www.la-mere-poulard.jp/


Tagged with:
2月 07

Manfrotto Imagine Moreにて連載を持たせていただくにあたり、2015年1月16日に発売された「MK190CXPRO3T-3W 190Tカーボンファイバー三脚3段 RC2付3ウェイ雲台キット」をManfrotto様よりご提供いただきました。
Manfrotto MK190XPRO3-3W+MK190CXPRO3T-3W

私が愛用している三脚は、マンフロットのMK190XPRO3-3Wで、こちらはアルミ製で耐荷重6kg、自重3kgとどっしりとした造りになっています。
購入までの経緯やMK190XPRO3-3Wの仕様についてはこちらをどうぞ。

三脚に詳しくない私が初めて買うのはマンフロットのMK190XPRO3-3Wにした
http://tunakko.net/?p=12572


一方、MK190CXPRO3T-3Wは素材がカーボンファイバーとなっていて、雲台はアルミと同じくRC2付3ウェイ雲台ですが、ツイストロックなのもあり自重は2.4kgと600g軽くなっています。そしてカーボンファイバーの三脚がアルミの三脚に比べ高価なのは、軽さが理由なだけではないそうです。

カーボンファイバーって?アルミとどう違うの?

カーボンファイバー(炭素繊維)は、金属より軽いだけではなく、弾性や耐熱性にも優れていて、上下からの揺れの吸収力が高いそうです。揺れに強いということは、ブレに強いということ。

そしてアルミに比べ熱が伝わりにくいため、寒い場所でもアルミほど冷えることはないそうです。だから、アルミにはラバーのグリップのような部分がありますが、カーボンには無いのではないかと思います。(他メーカーのものは未確認です。)

以前、星を撮りに行ったとき、アルミのMK190XPRO3-3Wを使用したのですが、長時間寒空の下にいたら脚の部分が結露(?)でかなり濡れていました。
まだ試していませんが、カーボンファイバーならその辺りもまた違うのかもしれません。

そして、一口にカーボンファイバーといってもカーボンの含有量や編み方によって違いがあるそうで、「マンフロットのカーボンチューブは、100%カーボンファイバーを使用し、均一な質のチューブを作ることができる方法で製造されているので、安心してお使いいただけます」、というお話をマンフロットの方からお聞きしました。

他にもまだあるのではと思いますが、そういった理由からアルミに比べ高価になっているようです。

600g軽いとどう違う?

わかりやすいところで言うと、500mlのペットボトル飲料とリポビタンDを足したくらいです。または、5インチのスマートフォン約4台分です。
実際に持ってみるとかなり違いを感じることができます。私は三脚バッグはマンフロットのMB MBAG80Nというバッグを使っているのですが、これが475gあって、この分が丸々マイナスになるということです。

レバーロックとツイストロック

レバーロックはその名の通り、脚部分のロックがレバー式になっています。
ツイストロックはくるくる回してロック/ロック解除するタイプで、レバーロックに比べ手間がかかりそうなのと、締め付けがきちんとしていないと設定した高さに影響が出る心配があります。ですが部品がレバーロックよりコンパクトなので、軽量化に一役買っているのと、バッグに入れる際に引っかかりが少ないのがメリットと言えます。
レバーロック/ツイストロック

ツイストロックはレバーロックに比べ手間がかかりそうに思いますが、取扱いは思ったよりもラクでした。締め付けはしっかりとする必要がありますが、ネジを緩めて外すようなイメージでくるくるたくさん回す必要はなく、少し回せば簡単に脚の伸び縮みを調節できます。
三脚そのものが軽いので、女性でも片手で三脚自体を持って、片手でツイストロックを操作するのは難しくありません。


カーボンファイバーの「MK190CXPRO3T-3W 190Tカーボンファイバー三脚3段RC2付3ウェイ雲台キット」と、アルミの「MK190XPRO3-3W 190プロアルミニウム三脚3段 +RC2付3ウェイ雲台キット」では定価で言うと二万円の差がありますが、三脚をよく使う機会があって、電車や徒歩で持ち歩く方には確実におすすめできますよ。

Manfrotto
http://www.manfrotto.jp/

 


2月 05

私が愛用している三脚、Manfrotto(マンフロット)のジャーナル、「Manfrotto Imagine More」にて本日より連載を持たせていただくことになりました。



第一回:写真を創るもの。「光」

毎週木曜日の夜更新、二月の四週目までの計四回となります。

プロの写真家ではない私が、普段どんなことを考えて写真を撮っているか、どのように楽しんでいるかというところをメインに書いています。

こちらのサイトでは、他にも様々な方が様々なテーマで写真に関するお話を作例と共に掲載されていますので、合わせて楽しんでいただければ。

Manfrotto
http://www.manfrotto.jp/

Manfrotto Imagine More
http://www.manfrottoimaginemore.com/?lang=ja

Manfrotto Imagine More Facebook Page
https://www.facebook.com/manfrotto.imagine.more/


2月 05

下にモップ的な何かがついているやつ
Slippers of cat

うちの猫が悪い顔をしているときに似てるのでつい。
cat


preload preload preload

Copyright © tunakko All rights reserved.