9月 14

充電環境改善中ということで。
モバイルバッテリも新調しました。
これまではSONYの3,500mAhのもの(アルミの筐体がぼろぼろになって型番不明)を使ってました。
今度は5,000mAHのSONY CP-F5Lを買ってみた。

手前がCP-F5L
SONY CP-F5L

サイズは、128.1mm×70.4×9.4mm、約156g。
今愛用してるXperia A2が128mm×65mm×9.7mm、約138g。
なので大きさも重さもXperia A2と同じくらい。

なぜこれにしたかというと、これまで使ってたSONYのが、薄くて持ち歩きやすかったし給電速いしで気に入ってた。
正直、他を知らないので、給電についてはこれが普通なのかもしれないけど。
っていうのと、ちょうど安かったし、色が可愛かったから。

ソニーストアで買うと、デザイン刻印サービスというのがあってちょっといいなって思ったんだけど、他で買うより2,000円くらい高かったのでやめちゃった。
USBポータブル電源(5,000mAh)CP-F5
シルバー/ブラック/ピンク/ブルー/ゴールド



充電にどれくらい時間がかかるか測ってみた。
18時27分の時点で28%。
そこから充電を始めて、20時すぎには98%充電されてた。
だいたい、一時間半で70%くらい充電されてたって計算になる?


また、アルミボディがぼろぼろになってしまわないように、入れ物買わなくちゃー。


SONY スマホ用 薄型FLATタイプUSBポータブル電源 5000mA ブルー CP-F5L


Tagged with:
9月 13

*コクヨS&Tさんより、CamiApp Sのモニター機をお借りしています。



Android版の設定のつづき

本体へのメモパッドの設定が終わったら、本体をスマートフォンとペアリングします。

メモパッドの設定はこちら→ http://tunakko.net/?p=10903

Google Playから専用アプリをダウンロード→インストール(二種類必要です!)

【CamiApp S 設定】 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.kokuyost.CamiAppS
【CamiApp】 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.kokuyost.CamiApp

ペアリングの手順

・CamiApp S 設定を起動
・本体の電源スイッチをステータスLEDが点灯するまで長押しして電源を入れる
・スマートフォン/タブレットで、設定→Bluetooth→Bluetoothをオンにする
・接続可能なデバイスを検索する
・使用するデバイスを選ぶ
・接続を確認

もしくは、Android版の場合はNFCでペアリングすることもできます。

もうこれで、本体の電源&BluetoothをONにした状態でノートに専用ペンで手書き→ノート右下の「SAVE」にチェックを入れればスマートフォン/タブレットにインストールしたCamiAppアプリにデータが飛んでいきます。
ただし、これだけではクラウドサービスへは飛んでいきません。これは別途設定が必要となります。

クラウドサービスへの連携

CamiApp Sでは、ノート右下の「ACTION」という箇所に規定の番号を、「SAVE」という箇所にチェックを入れることでデータがデバイスへ飛び、更にその先のクラウドサービスへと飛ぶようになっています。
CamiAppアプリでその設定をします。

CamiAppを起動、歯車のマークの「設定」を開く。


「アクションマーカー設定」を選択



各番号に、連携したいサービスのアカウントを設定します。



これで準備は完了!
あとは以下の手順でクラウドへ飛ばします。

1)CamiApp S本体の電源を入れ、BluetoothをONにする
2)ノートに専用ペンで書きたいことを書く
3)ノート右下にある、「ACTION」にはアクションマーカーで設定した、飛ばしたいクラウドサービスの番号を。その後、「SAVE」にチェックを入れる

これで、CamiApp Sで書かれたデータはデバイス及び指定したクラウドへ飛んでいきます。
最初の設定さえしてしまえば、あとはまさしく「チェックするだけ」。


データを飛ばしてみる

取り込んだデータは、どういう形式で共有先へ飛ばすのかという設定がCamiApp上で出来ます。
私は情報付PDFにしてみました。


実際に書いてみました。
どのような感じで取り込まれるんでしょうか?


CamiApp上ではこんな感じになりました。
 

PDFはこんな感じ。
私の元々の字が汚いのはもちろんなのですが、ボールペンでとめやはらいを意識せず、ガーッと書いたら元の汚さ以上に汚くなりました!こんな文字を公開するのは恥ずかしすぎる!
公開するけど。
流れるように文字を書く人は要注意です。



テキスト変換はこんな感じでした。
縦書きの「魑魅魍魎」がちゃんと認識されているのがすごい。
とはいえ結構抜けてしまう部分もあるので、何かわかりやすいキーワードを混ぜてあげると後で検索しやすくて良いかもしれません。



アクセサリ

今回、CamiApp Sの発売に合わせて、ふたつのアイテムが発売されました。
[N]ネタフルのコグレさん、[mi]みたいもん!のいしたにさんプロデュースの「たためる打合せバッグ abrAsus for CamiAppS 」と、「CamiAppSメモパッドタイプ専用 ブックマークホルダー 」です。


私はイベントのじゃんけん大会で「たためる打ち合わせバッグ」を見事ゲットしちゃいました。
社内でのちょっとした移動なんかのときに、必要なものをサッと入れて持ち運べるので便利です。
会議室に移動するときとか、ノートPC持って、ペットボトル持って、メモ帳持って、ペン持って、携帯持って…みたいなシーンのときにはまさにこれって感じ。
必要無いときは小さくたためるのも便利です。


使ってみて

今回モニターするにあたって、メモパッドを5冊いただいたのですがものすごい勢いで消費しています(笑)
きれいにまとめるのではなく、思いついたことをババっと書いてすぐ飛ばして、また次…といった感じで使っています。
頭の中でぼんやりとしたイメージにしかなっていない物事を、思いついたまま書き出して形にしていくと整理しやすいというか。
経過を残しておくと後々地味に役にたったりするのでとっておきたいけど、紙だとかさばる。
デバイスやクラウドにアップしておけば、後で検索もできるしカンタンに見返すことができるところが役立っています。

Surface Pro 3を持っていて、手書きもよく使うけど、取り出しやすさは断然紙のノートやメモパッドのほうがラクだし、CamiApp Sだったらチェックするだけで書いたそばからデバイスやクラウドに飛ばせるので、意識しないでデジタルと組み合わせることができる。
紙への手書きデータの保存・管理・共有を考えたら、CamiApp Sは手軽さではダントツなんじゃないかと思う。

今、CamiApp Sにはノートブックタイプとメモパッドタイプの二種類があるけど、もっと小さいメモタイプやA3くらいのタイプがあったら面白いなあと思いました。

Android版のノートブックタイプ&メモパッドタイプ
 


iOS版のノートブックタイプ&メモパッドタイプ
 





Tagged with:
9月 11

7月に参加した、「ヤマハ発動機 ブロガーマリン体験会」が素晴らしく楽しかったのです。

「ヤマハ発動機 ブロガーマリン体験会」に参加して、マリンアクティビティを堪能してみたら…!

すっかりその気になって、ボート免許とることにしました。
宣言しといて落ちたら恥ずかしいけど。
無事、とれるようにがんばります!





Tagged with:
9月 11

もういくつ寝ると、私の遅めな夏休みがやってきます。
この休みを利用して、旅行に行く予定です。

そういう事情もあり、日常で不便に感じてたこともあり、充電環境を改善しようと思い立ってUSBの5ポートタップとmicroUSBケーブルを買いました。

今までは、色んなデバイスに付いてきた適当なケーブルとUSB ACアダプタと電源タップを使ってました。
でも複数デバイスがあると、何カ所もACアダプタを挿すことになり非常に不便だった。
それでも面倒なのでそのままにしてました。

で、今回旅行に行くのに、出先で不便だなーと思い購入。
5ポートタップは、5.1Aを5台の機器でシェアできるもの。
タブレットなど用の2.1Aポートもあります。
microUSBケーブル&タップ

microUSBケーブルは、カラフルでかわいいやつ。
真っ黒とか真っ白とかつまらないのでかわいいのを探しました。
安くで良い感じのを発見。
急速充電にも対応してるそう。
microUSBケーブル

挿してみたところ。
ケーブルは15cmなので邪魔にならなそうで良い。
USBタップはちょっとごつい。
microUSBケーブル&タップ


電源タップの穴はひとつしか使わずに済むのでスッキリ。
面倒くさがらずにもっと早く揃えればよかった。


  


  


Tagged with:
9月 10

トランスフォーマーが好きです。
かっこいい車やロボットたちが、ガシャンガシャンって変形したり戦ったりするのを見るのが楽しいです。
あの動きを見てると興奮します。
私のトランスフォーマー歴は浅く、2007年に公開された映画「トランスフォーマー」がきっかけで好きになりました。
元々日本で発売されていたおもちゃで、アメリカの会社と提携し…という歴史は後から知りました。

ファン度で言うと、まだフィギュアは持ってないしDVDを持ってるくらいで、実写版の映画を全部観たというくらいで、たいしたことないんですけど、好きです。

というわけで、2014年8月9日(土)~17日(日)までパシフィコ横浜で開催されていた「トランスフォーマー博」へ行ってきました!
行ってからもうほぼ1ヶ月経っちゃったんで、今さらなレポですけど…。



約7mのオプティマスプライムと、ほぼ実寸大の約6mのバンブルビーがセンターゾーンであなたを待ち受けます。

って展示紹介に書いてあったので、これは行くしかない!と。

さっそく、初日の8月9日(土)に行きました。
「午前9時30分~午後7時まで」となっていたので、ちょうど9時30分頃に。
が、列に並ぼうとしたら「本日は13時からとなっております」と言われました。
えー!とびっくりしてwebサイトを見てみたら。あれ?





あっ



ごめん、青い文字見えてなかった。
一緒に行った人、ごめん。


その日は午後、「トランスフォーマー/ロストエイジ」のチケットを取っていたりと用事があったので仕方なく諦め、最終日の前日、8月16日(土)にリベンジしました。

話それるけど「トランスフォーマー/ロストエイジ」面白かったよ。
2Dと3Dとで2回見ちゃった。
ガルバトロンはなんかずんぐりむっくりしててかっこ良くなかった。
ロックダウンはめちゃくちゃかっこよかった。ランボルギーニ!
変形シーンとか顔から銃出てくるところとか最高でした。
(あくまで個人的な感想です)

チケットはオプティマスプライムでした。


来たくて来たくて震えてたので、若干ピンぼけな写真があります。
でも載せちゃう。

まずはメガトロンの頭!
「トランスフォーマー/ロストエイジ」で実際に使われたものだそうです。
こんなの見れるなんて嬉しい。
メガトロンって歯があったんだね。知らなかった。


バンブルビーの立像は、映画で見たのとほぼ同じ!(に私には見えた)


傍にはカマロもありました。


ロックダウンのランボルギーニ、かっこいい。


オプティマスプライムのトラックは…。
85mmで撮ってたのと人がいっぱいだったのとで、うまく入りきらなかった。


そして、オプティマスプライム!
うーん、一番楽しみにしてたんだけど、バンブルビーに比べて造りが雑だった…。見れて嬉しかったけど。


映画の中で、マークウォルバーグが使ってた武器!(名前わからない)


映画関連では、リアルなジオラマとかもあって、映画の世界観を楽しめたのが嬉しかったです。

オプティマスプライムのフィギュア、かっこよすぎる。約25万円だそうです。
欲しい~


オプティマス&グリムロック。


私の好みではないガルバトロン。
お値段は謎でした。


バンブルビー。こちらもお値段謎。


フィギュア買って帰る気満々だったんですけど、もう終了一日前だったのでほとんど売り切れてしまっていたのでした。涙目。
まだこれから発売されるものもあるらしいので、ゆっくり考えようかな。
こういうのってどこに行けばまとめて現物見られるんでしょうね。
調べてみようっと。

当日券は大人一人2,600円という、決して安くはないお値段でしたが大満足でした。楽しかったです。
次また続編が公開されたら、その時もこういうイベントを開催してくれたら嬉しいな。

トランスフォーマートリロジーブルーレイBOX買いました。
前にDVD買ったんだけど、やっぱりブルーレイが良いので!

もし、ロストエイジの続編やそのまた続編ができて、また最初から全部含めたブルーレイBOXが発売されたら買ってしまいそうな予感。


トランスフォーマー トリロジー ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]


preload preload preload

Copyright © tunakko All rights reserved.