12月 18

MB MBAG80N

つい二ヶ月ほど前、初めての三脚を買いました。マンフロットのMK190XPRO3-3Wです。

三脚に詳しくない私が初めて買うのはマンフロットのMK190XPRO3-3Wにした
http://tunakko.net/?p=12572

とても気に入ってます。
普段は手持ちで街を撮り歩くのがほとんどなのでそんなにしょっちゅう出番はありませんが、いざ使うよって時の安心感は半端ないです。しっかりしてるので。

カメラをCanon EOS 5D MarkⅢ から SONY α7Ⅱに買い換えたのでカメラ自体は軽くなりましたが、1kg近いレンズに150gくらいのマウントアダプタを付けたりもするので、Canon EOS 5D MarkⅢに85mmを付けてた時とそんなに重さは変わらないかな。
なので6kgまで安心、で、3kgあってどっしりしてるMK190XPRO3-3Wは、私の強い味方です。

それに、重厚感ある金属の質感とかわいいロゴ、赤いアクセントがとても好きで、見ていてうっとりします。あー、マンフロット買って良かった。好き。

そんなMK190XPRO3-3Wですが、ひとつ難点が。
それは持ち運びです。
購入の際、一緒にショルダーストラップも買ったのですが、以前花火の撮影に行くときに、混雑している電車の中や人混みを持ち歩いてみて「これはやばい」と思いました。

初めての三脚で、ただでさえ扱いに慣れてないのに、5kgほどのカメラやレンズの入ったリュックを背負いつつ、3kgの重量がある荷物を肩にかけるわけです。
ショルダーストラップなので雲台部分や脚はむき出し。
人やモノに当てちゃわないか、ぶつけて三脚を傷付けちゃわないか心配でした。
あと、外で使った後、脚の先の部分(石突きというらしいですよ)を自分にも周りにも密着させたくないのでどう持ったら良いのか悩みました。

で、どっちも解決するにはやっぱり三脚バッグを買ったほうが良いなーと。
バッグに入れても人やモノにぶつける危険性が無くなるわけでも、ぶつかっても大丈夫になるわけでもないんですが、雲台部分と脚の一番下を保護できるようなバッグに入れれば、むき出しよりは絶対安全なはず。石突きが汚れてても安心。

ということで、MK190XPRO3-3Wをショルダーストラップで肩にしょってヨドバシカメラへ。良いバッグがないか探しに行きました。
マンフロットのサイトで、なんとなくこれかなというのは見たけど、サイズがどうなのかとかパッド付きと付いてないのはどう違うんだろうとか、見てみないとわからないので。

あとは、友達から「上下にこんな感じのやつ付ければ?」という提案があり、合うものがあれば、それ+ショルダーストラップでも良いかなと。
ちなみに提案されたグッズはこれ。レグポケットというそうです。

ヨドバシカメラでカメラ関係の売り場もそうでない売り場も、あちこち見てレグポケットみたいなアイテム、しかも雲台部分もすっぽり入る!というのは無いかなーと探したんですけど、見つからなかった。
石突きが収まる、クッション素材でできた巾着(レンズのポーチのような)はあったんですけど、雲台部分が入るようなものは無かったです。

もういいや、やっぱり純正バッグだろう!と三脚売り場に行くと、マンフロットの三脚や雲台がずらっと並んでいる一角があり、うっとりしました。

マンフロットの三脚バッグは、雑に言うと、パッド付きというクッション性の高そうなもこもことした生地のバッグと、クッション性の無いペラッとした生地のバッグがあり、どちらも、雲台部分と石突きの部分にはそれぞれを保護できるような工夫がされています。

サンプルを試してみたところ、パッド付きのほうは安心感があるけどだいぶかさばるのでやめて、パッドの無いほうを選びました。サイズは、80でちょうど良かったです。
MB MBAG80Nという型番のバッグを買い、袋と値札を取ってもらってその場で三脚を入れて店を出ました。
これで安心感アップ!うれしい!

マンフロットのマークが大きく施されている部分は、外側が固い素材でできていて、内側は厚みがありクッション性があります。
MB MBAG80N

こちら側に雲台がくるようにして収納します。
MB MBAG80N

ファスナーを閉じたところ。
MB MBAG80N

石突きの側は、持ち手が付いています。
MB MBAG80N

石突き側に持ち手が付いているけど、ロゴの向きや「重たいほうを体に密着させたほうが良いのでは」と思ったことから、こういう状態で肩にかけてました。
持ち手は、逆に持つときに使ってねー、くらいかと。


でもジェットさんから暖かいご指摘をいただきました。



えっ。

三脚は、雲台を下にして持つのが正しいそうです。知らなかった!!
何か他にも、持ち方(持ち運び方)に関するお作法や豆知識があるのかもしれない、と「三脚 持ち方」や「三脚 持ち運び方」などで検索してみたけど、どんな手段で持ち運ぶか、などの情報はたくさん出てきたものの、「どうやって持つか」という情報は見つけられませんでした。

というわけで、持ち方に関してはこちらが正しいそうです。


まだまだ知らないことがたくさんありますね。

ショルダーストラップはどうしたかというと、そのまま、下のようにして三脚に付けたままにしています。
長い移動中はバッグに入れて、撮影してまわるようなときはバッグから出して、ストラップを肩にかけて移動。という使い方が今のところは良いかなと思いました。
MB MSTRAP-1

慣れたらどちらかにしても良いし、今後三脚が増えたらそちらで使っても良いし。
どっちにしても、両方買って良かったと思いました。

バッグに入れれば、むき出しでの持ち運びに比べ、安心・安全度アップ。

ただ、地面に触れちゃうとケースが汚れそうで気になるんですけど、汚れてなんぼなんでしょうか。それとも、意地でも地面には触れさせない?
まだまだ、気になることが色々出てくる。
精進します。

マンフロット MB MBAG80Nの製品ページ
http://www.manfrotto.jp/tripod-bag-unpadded-80cm-MBMBAG80N

MB MSTRAP-1の製品ページ
http://www.manfrotto.jp/tripod-shoulder-strap-1-MBMSTRAP-1

  


12月 17

先日、会社の男性二名、私を含めた女性三名で、渋谷にある「焚火家(たきびや)」というお店でランチしてきました。

ここの名物料理が、「肉のヒマラヤ」。
800gのお肉を炭火でごろごろ転がすようにして焼きます。

どかーん
焚火家

ごろごろ
焚火家

いい感じのところで店員さんがやってきて、焼けたお肉をスライスしてくれます。
焚火家

このお肉を、ポン酢またはにんにくバターに付けて食べます。
スライスされたお肉の両面を軽く焼くと、さらにおいしくなりました。(わたし比)

お通し的なものと、ご飯が付いてきます。
ご飯は一杯だけおかわり無料。
お肉は、5人でシェアしてちょうど良かったです。これで、一人1,500円くらい。
ハーフサイズもあって、そちらは2〜3人でシェアすると良い感じみたい。
お肉をたくさん食べたいとき、何人かでわいわいランチしたいときにどうぞ。

焚火家
東京都渋谷区 渋谷1-15-19 東口二葉ビル 1F
http://takibiya.com/


Tagged with:
12月 17

カメラ買い換えました。
Canon EOS 5D MarkⅢ から SONY α7Ⅱへ。
α7Ⅱ

よく一緒にフォトウォークに行く仲間にはSONYのカメラユーザーが多く、SONY同士でキャッキャウフフしてるのがとても羨ましかった上に、欲しい機能が色々あるなー、いいなーと常々思っていました。そこにα7Ⅱのボディ内手ぶれ補正がきて、どんと背中を押されました。

いいなーと思っていたポイント
・コンパクトでフルサイズ
・チルト液晶
・ピーキング
・プレビューしながらカラーフィルターを調整できる
・NFC

こんな感じです。
Canon EOS 5D MarkⅢも大好きでしたよ。

いつも使っていたレンズ、EF85mm F1.2L II USMは手元に残し、マウントアダプタを利用してα7Ⅱでも活用することに決めました。
EF40mm F2.8 STMは手放し、SONY Sonnar T* 135mm F1.8 ZA SAL135F18Z、NOKTON Classic 35mm F1.4(MC)を購入。
Eマウントのレンズが一つもない。
PowerShot S120も手放し、今までCanon EOS 5D MarkⅢのサブとして補ってた部分は、NOKTONに頑張ってもらうことに。カメラとレンズを撮るカメラが無くなってしまったので、冒頭の写真はスマートフォンで撮りました。

35mmを使うのは、EF35mm F1.4L USM以来。やっぱり楽しい。
135mmのツァイスは、ずっと憧れていたのでゲットできて嬉しい。
新しい環境になってから、嬉しくてしょっちゅう写真を撮りに行ってます。早く慣れたいし。85mmは封印中。

また一から勉強。

Tile

大甘栗

福

a street stall

Illumination

Winter Triangle

α7Ⅱ
http://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-7M2/


12月 17

エプソンさんより、両眼タイプのスマートグラス「MOVERIO」をモニターとしてお借りしています。ということでモニター中最後のエントリです。MOVERIOで色々遊んでみました。
EPSON MOVERIO

イベントの様子はこちら

小型軽量、両眼タイプのスマートグラス、エプソン「MOVERIO」を体験してきた
http://tunakko.net/?p=12663

前回のエントリはこちら

モニター中のスマートグラス、エプソン「MOVERIO」で文字入力設定
http://tunakko.net/?p=12701


私がMOVERIOを使ってまずやりたいなー、と思っていたのが、Flickrの写真を見ること!
映画鑑賞やMOVERIOに特化したアプリを使うこと、ではなくてすみません。
そういうワケで、MOVERIOにFlickrアプリをインストールしました。

FlickrアプリはAmazonのAndroidアプリストアからダウンロード可能です。
もちろんFlickrのサイトから見ることもできますが、個人的にFlickrのアプリは使い勝手が良くて気に入っているのです。
EPSON MOVERIO

MOVERIOでFlickrを見ると、こんな感じ。当たり前ですが横長になります。
EPSON MOVERIO

MOVERIOにはカメラが付いていて、デフォルトでカメラアプリも入っています。
設定で、「Auto Sync」をONにしておくと、MOVERIOで撮った写真がFlickrに自動でアップロードされます。(Wi-Fi接続中)
EPSON MOVERIO

が、今回はFlickrアプリのカメラ機能を使って遊びました。

PCでFlickrのサイトへアクセスし、自分のアルバム一覧を表示した状態をMOVERIOで撮影。
EPSON MOVERIO

加工してみる
EPSON MOVERIO

アップしてみる
EPSON MOVERIO

アップされました
EPSON MOVERIO

アップされた画面をMOVERIOで撮ってまたアップ。
MOVERIOで撮った写真をアップしてるFlickrの画面が写ったPCをMOVERIOで撮ってFlickrにアップしてそれをPCで……
EPSON MOVERIO

ミラーハウスみたい、ハハハ面白い!!って思うの私だけですね多分。すみません。

MOVERIOを使ってて、これは私にぴったりだ!と思ったのは、寝ながら使えること。
ごろごろ寝ながら撮った写真見て、公開にするものを選んだり。
EPSON MOVERIO

MOVERIOのタッチパッドは、ピンチイン/アウトもできるので
EPSON MOVERIO

拡大して、ピント合ってるかなーって見てみたりとか。
EPSON MOVERIO

友達の写真をじっくり見て、お気に入りに入れたりとか。
EPSON MOVERIO

MOVERIOとFlickrアプリでそんな楽しみ方をしてました。

あとやってみたかったのが、寝っ転がりながら星空や世界遺産を観ること!

MOVERIO Apps Marketで関連アプリないかなー、と見てみたところ、「癒し星」というアプリを発見したのでインストールしてみました。
EPSON MOVERIO

設定から、BGMのON/OFFを選べます。
EPSON MOVERIO

綺麗な星空とBGMで癒やしのコンボを楽しめます。
EPSON MOVERIO

世界遺産は、ブラウザからYoutubeにアクセスして探してみました。
「世界遺産」でYoutube内検索してみたら出てきたこちらの動画。


これをMOVERIOで、全画面にして視聴してみます。
EPSON MOVERIO

全画面にすると、目の前に景色が広がって、自分がそこにいるみたい。
寝っ転がりながらこの臨場感。楽しい!
EPSON MOVERIO

EPSON MOVERIO


気付いたらこの一ヶ月間のモニター中、家族に貸してあげたのは一回だけでした。
使い始めると一人で延々と遊んでました。
あとは、実践できなかったけど、電車の中でかけてみたりしたかったな。周りの反応を見てみたかった。

人によって色んな楽しみ方ができるデバイスだと思います。
でも、パッと見が「ものすごく映像視聴が大好きな人向け」な印象なので、そうでない人はしばらく使ってみないとあまりピンとこないかもしれない。

前モデル(2011年発売)に比べると約三分の一の重さにはなっていますが、やはり長時間装着しっぱなしは難しかったです。寝っ転がりながらでも、起きているときと重さがかかる場所が違うだけなので、起きてても寝てても重さはネックでした。
あと三年もしたら、メガネと変わらない軽さになっているんじゃないかと期待しています。
エプソンさん、楽しい機会をありがとうございました。

MOVERIO BT-200AV/BT-200 公式サイト
http://www.epson.jp/products/moverio/bt200/


Tagged with:
12月 11

2014年11月28日、Xperia Z3とXperia Z3 Compactのイベント「Xperia Z3、Xperia Z3 Compact タッチ&トライ」ミーティングに参加してきました。

今回、参加者は端末とウェアラブルデバイスを一ヶ月間モニターということで、私はXperia Z3 CompactとSmartBand Talkをお借りしました。
今回お借りしたXperia Z3 Compactはホワイト。前面のベゼルもホワイトでかわいいです。
SmartBand Talkは、ブラックをお借りしました。というか皆さんブラックだった模様。
Xperia Z3 CompactとSmartBand Talk

会場が小さめで参加者が多かったので暑かった。
「Xperia Z3、Xperia Z3 Compact タッチ&トライ」ミーティング


今回のイベントでは、前回のイベントに比べ、技術的な、ちょっと突っ込んだ内容のお話が多かったです。

カメラについては、薄型化レンズやセンサーを低背化実現のために最適化し、レンズが背面に出っ張らないようにしたそうです。
カメラ

また、全てのレンズを非球面レンズで構成。
Xperia Z1、Z2に比べ、27mmから25mmに広角化しました。
カメラ

Xperia Z3 Compactのカラーバリエーションは、ホワイト、グリーン、オレンジ、ブラックの四色。
グリーンとオレンジは、今までに見ないカラーなので新鮮。
Xperia Z3 Compact

ウインドウ付きフリップ/ブックレットスタイル保護カバーも一緒にお借りできました。
ボディの色に合わせてホワイトをお借りできたんですが、汚しそうで恐くてまだ使ってません(笑)
Xperia Z3 Compact

SmartBand Talkでは、ハンズフリー通話、アプリのDLによる機能追加、ボイスコントロールを特に試してほしいそうです。でも、ハンズフリー通話はちょっと恥ずかしくてできないかも。
SmartBand Talk

私はSmartBand SWR10を持っているので、使い勝手を比較してみるのも面白そうです。
今回お借りした端末は開発機のため、製品版とは異なる部分があるかもしれません。
一ヶ月間楽しんで使ってみたいと思います。



12月 09

モニター中のARROWS NX F-02Gで色んな写真を撮ってみたところ、このカメラはつやっとしたもの、色がはっきりしたものを撮るのが得意なのかもしれないと思いました。

ARROWS NX F-02Gのカメラは非常にシンプルで、「夜景モード」「マニュアルモード」などの、シーンで使い分けるモードの機能がありません。
基本、オートでパシャ。静止画(写真)の機能については、連写、パノラマ、イン/アウトカメラの切替、フラッシュ、HDR、タイマー、位置情報、タッチシャッター、グリッド表示です。
このわかりやすさが魅力のひとつ。

白っぽい光(曇り空や蛍光灯の光など)はニガテなようで、シーンによっては白飛びしてしまう場合も。タッチフォーカスした場所によって、露出が固定できたら良いな。
ARROWS NX F-02G_1

晴れの日に写真を撮る機会がほとんどなかったのですが、つやっとしたものや色がはっきりしたものに威力を発揮してくれました。あと、猫のヒゲ。

ねこ三部作
ARROWS NX F-02G

ARROWS NX F-02G

ARROWS NX F-02G

「百姓一揆」の文字がすごく気になった
ARROWS NX F-02G

雨のつやっと感
ARROWS NX F-02G

ARROWS NX F-02G

ARROWS NX F-02G_2

ARROWS NX F-02G

薄い青空は発色がトイカメっぽく
ARROWS NX F-02G

ARROWS NX F-02G

ARROWS NX F-02G

濃い色の部分はシャープ
ARROWS NX F-02G

ARROWS NX F-02G

ARROWS NX F-02G

大好きなチョコレートのお店、カファレルのケーキ。つやつやしてる。
ARROWS NX F-02G

α7Ⅱを見に行ったときの。
ARROWS NX F-02G

ちょっと白っぽくなった
ARROWS NX F-02G

つやっ
ARROWS NX F-02G

銀座にあるコワーキングカフェスペース、the SNACKで食べれるカレー。おいしかった。
http://the-snack.jp/
ARROWS NX F-02G

東京トンテキ!バルサミコの効いたソースがおいしかった。
ARROWS NX F-02G

高尾山にあるラーメン屋さんで友達が頼んだおにぎり。
このおにぎりの写真がめっちゃおいしそうで、一番好き。
ARROWS NX F-02G

口半開きのアホ面でヘッドマウントディスプレイ遊びに夢中になっているわたし。
ARROWS NX F-02G


ケータイ会議に参加中。

ケータイ会議とは、提供いただいた端末をブロガーが好きに使い倒して、様々な視点から自由にレビューするという企画で、通信料は個人の負担、レビュー終了後はモニターとしてお預かりした端末をいただけることになっています。

ARROWS NX F-02Gのレビューまとめサイトはこちらから。


12月 09

先日、イベントに参加してモニターとして一ヶ月間お借りした、エプソンのスマートグラス「MOVERIO」。イベントの様子はこちらでどうぞ。

小型軽量、両眼タイプのスマートグラス、エプソン「MOVERIO」を体験してきた
http://tunakko.net/?p=12663

EPSON MOVERIO

この、ヘッドセットの、眼鏡でいうレンズ部分中心が四角くなってるのがわかりますでしょうか。ここがスクリーンになっています。
EPSON MOVERIO

下の写真がコントローラー。
ヘッドセットとつないでこのコントローラーで色々な操作をします。
イベントに参加した際のエントリに書きましたが、MOVERIOのコントローラーはAndroidです。Google Playには対応していませんが、Amazonアプリストアの利用やapkの直接インストールで、アプリによってMOVERIOで使えます。
MOVERIOに特化したアプリは、MOVERIO Apps Marketからダウンロードすることができます。

真ん中の平らな部分がトラックパッドになっていて、タップやスクロールなどの操作はここで行います。下に並んでいる三つのハードキーは、左からメニューボタン、HOMEボタン、戻るボタンになっています。

ここから先、Androidについて知っている前提で色々書いてしまうので、このエントリはあまり親切ではありません。完全に、自分が使い勝手の良い状態にして楽しんでいます。すみません。
EPSON MOVERIO

かけてみるとこんな感じです。未来っぽい。
友情出演:K吉原くん(ありがとう)
EPSON MOVERIO

イベントでも言及があったのですが、鼻にかけるゴム部分をしっかり自分の鼻に合わせて調節しないと、映し出されるスクリーンの見え方がいまいちになってしまうので要注意。

インターネットにつなぐためにWi-Fiの設定画面から、パスワードなどを入力したり、その他様々なシーンで文字入力が必要となりますが、このトラックパッドはちょっと慣れが必要です。

ひし形のアイコン(?)が、マウスカーソル的な役割を果たしています。
このアイコンを1秒ほど軽く長押しすると、ひし形の線が以下のキャプチャのように二重になります。この状態でフリックすると、フリック入力ができます。
ポチポチと一文字ずつ入力していくより、フリック入力したほうがはるかにラクに文字入力ができます。
EPSON MOVERIO 文字入力

でもトラックパッドに慣れが必要ならなおさら、使い慣れた日本語入力アプリを使いたい!
ということで、Android端末から、愛用しているATOK PASSPORTのapkをMyAppSharerというアプリでDropboxにアップロード。この時ついでに、MOVERIOで使ってみたいアプリのapkもアップロードしておくと良いと思います。

RAM/ROM容量は1GB/8GBとなっているので、入れすぎ&立ち上げすぎには注意。また、Androidアプリ全てがMOVERIOでも使えるわけではないので、割り切りが必要です。

MyAppSharer
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.yschi.MyAppSharer&hl=ja

MOVERIOに標準でインストールされているwebブラウザからDropboxにアクセスし、ATOK PASSPORTのapkをMOVERIOにインストールしました。
これで、MOVERIOでもATOKを使えるようになりました。
EPSON MOVERIO 文字入力

ATOK Syncをすれば、PCで登録した単語を同期して使えるようになります。
EPSON MOVERIO 文字入力


Wi-Fi設定と文字入力の設定。
これでひとまず、基本的な環境は整いました。たぶん。




Tagged with:
11月 26

近所のレンタルDVD屋さんに行ったら、こんなの売ってた。
買うしかないでしょう!


開けると、ヤンヤンつけボーが三つとデコレーション用のお菓子が五箱(ミニアソート)、なぞのパチパチキャンディー、ヤンヤンホルダーが入ってます。




ヤンヤンホルダーに、デコレーション用のお菓子を入れます。
つけボーになぞなぞが書いてありました。昔からこうでしたっけ。


なぞのパチパチキャンディーを付けたところ。
口の中でパチパチして楽しいです。
味は甘かったと思います。あまりなぞじゃなかった。


お値段800円くらいでした。
楽しむコツは、チョコをある程度溶かしておくこと。
チョコが固めだと、デコレーション用のお菓子の粒がわりと大きいので、うまくくっつきません。
残念ながらAmazonでは取扱いができなくなってました。

写真は全て、モニター中のARROWS NX F-02Gで撮りました。
ケータイ会議に参加中。

ケータイ会議とは、提供いただいた端末をブロガーが好きに使い倒して、様々な視点から自由にレビューするという企画で、通信料は個人の負担、レビュー終了後はモニターとしてお預かりした端末をいただけることになっています。

ARROWS NX F-02Gのレビューまとめサイトはこちらから。


11月 23

富士通さんよりお声掛けいただき、ケータイ会議の亜種に参加、ということで一ヶ月の間ARROWS NX F-02Gをレビューすることになりました。

ケータイ会議とは、提供いただいた端末をブロガーが好きに使い倒して、様々な視点から自由にレビューするという企画で、通信料は個人の負担、レビュー終了後はモニターとしてお預かりした端末をいただけることになっています。
ARROWS NX F-02G 背面

純日本メーカーのスマートフォンは、REGZA Phone T-01C以来かなって思ったけど、よく考えたらW-ZERO3やT-01Bもそうでしたね。
W-ZERO3やT-01BはWindows Mobileなので、AndroidでいえばREGZA Phone T-01C以来です。

docomoの製品ページはこちら
https://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/f02g/index.html

簡単な外観

私はOrangeを希望しました。

横から見ると、液晶側、背面側で側面がツートンカラーになっているのがわかります。
左側面。
SIMスロット、microSDスロット、外部接続端子、充電端子が配置されています。
ARROWS NX F-02G 左側面

右側面。
電源キー、音量キー、ストラップホールが配置されています。
ARROWS NX F-02G 右側面

背面側。
マットな手触りでしっとりしています。
アウトカメラの下にあるのは、指紋センサー。指紋センサーには指10本の指紋を登録することができ(一本の指を10回でもOK)、背面にあるので片手で持ったまま指を滑らせることができるのが便利。
また、ここはボタンにもなっていて、スリープの設定/解除もできます。
ARROWS NX F-02G アウトカメラ/指紋センサー

スペック

ディスプレイサイズ:5.2インチ
超高精細WQHDディスプレイ
Androidバージョン:4.4.4。
バッテリ容量:3,500mAh
RAM/ROM:3GB/32GB。
質量:約166g
カメラ画素数:2,070万画素
防水・防塵、おサイフ、赤外線、ワンセグ/フルセグ、VoLTE対応、ハイレゾ、などなどかなりの高スペックです。
WQHDディスプレイは、フルHDディスプレイより約1.8倍高精細ということで本当にキレイ。
電池持ちもかなり良いそうなので、その辺りも色々見てみたいと思います。

初めて見るような機能が色々あるので、発見がたくさんありそうで楽しみです。

まとめサイトはこちらから。


11月 23

2014年11月17日、都内で行われた「スマートグラスで広がる世界 エプソン「MOVERIO」ブロガーイベント」へ参加してきました。
MOVERIO BT-200

スマートグラスって知ってます?
私は、名前やパッと見たことはあるものの、どんなものなのかよく知りませんでした。
ざっくり言うと、めがねのレンズ部分がディスプレイになってて、映像や写真、アプリなどのコンテンツを楽しむことができるウェアラブルデバイスです。

製品ページ
http://www.epson.jp/products/moverio/bt200/


今回のイベントでは、開発者の方々や発売前に体験された方のお話を聞いたり、実際に使い方を教えてもらってどういった楽しみ方ができるのかを体験することができました。

エプソン×ウェアラブルの歴史とMOVERIOについて

エプソンというと、プリンターというイメージが強いですが(我が家のプリンターもエプソンです)、実はウェアラブル事業の歴史も長いそうです。1982年に世界初のテレビウォッチなんてものをリリースしていたんですね。
エプソン ウェアラブルのルーツ

今では色々な種類のウェアラブル機器を販売されています。
エプソンのウェアラブル機器

現在販売されているスマートグラスには、フルクローズド型、単眼シースルー型、両眼シースルー型があり、BT-200はこの両眼シースルー型となっています。
MOVERIO 見え方の違い

スマートグラスの中心にコンテンツが見えるかたちになっていて、シースルーなので周囲の様子を確認しながら楽しむことができます。
MOVERIO シースルー

完全にクローズドになっていると、人が近寄ってきてもわからないし、イヤホンをしてたら声をかけられてもわからないのかもしれないので、これはいいなと思いました。
ただ、そういう心配をする必要がない状態のときには、シースルーではなくなるような仕組みがあったらなと思いました。(そういった技術が可能なのかはわかりませんが)

Wi-Fiでインターネットにつなぐ、スマートフォンやタブレット内のコンテンツのミラーリング、HDMI接続、アプリの活用など、様々な楽しみ方があるようです。
MOVERIO Wi-Fi接続

MOVERIO ミラーリング

MOVERIO HDMI接続

MOVERIO Apps Market

Engadget日本版編集長の鷹木さん登場

Engadget日本版編集長の鷹木さんが、発売前に使ってみた感想やTipsをお話ししてくれました。
Engadget 鷹木さん

MOVERIOのコントローラーはAndroid

MOVERIOには、MOVERIO Apps Marketという専用のマーケットが用意されていて、こちらからMOVERIOに対応したアプリをダウンロードすることができますが、実はAmazonのアプリストアからもアプリのダウンロードが可能です。
なぜかというと、MOVERIOのコントローラーはAndroidベースの端末だから。
Google Playには対応していません。
バージョンは4.0、メインメモリー1GB、ユーザーメモリー8GB、重さは124gとなっています。
マーケットに無くても、apkを直接インストールしたら色々なアプリが楽しめるんじゃないかな。

いよいよ体験

各自にMOVERIOが配られました。ドキドキする!
MOVERIO BT-200AV

ケースを開けると、ケーブル付きのヘッドセット、コントローラー、イヤホン等の付属品が入っていました。
MOVERIO セット

これが基本のセットです。コントローラーは、主に真ん中のトラックパッド部分を触って操作します。これがなかなか操作に慣れなくて、トラックボールも付いてたら嬉しかったな。
MOVERIO セット

まずは電源を入れてヘッドセットをセットし、保存されている動画を見てみました。
MOVERIO 基本操作

色々教わりながら体験する参加者の方々
MOVERIOを体験する参加者

MOVERIOを体験する参加者

実際に、MOVERIO App Marketから「TekkyuAR」というアプリをダウンロードして体験してみました。
一見普通の箱をかぶった人がいて、MOVERIOを装着すると箱が透けて中に鉄球が見えるので、箱をかぶった人に動く方向を指示して鉄球をゴールに持って行くというゲームです。
動画で見るとわかりやすいかも。


この、箱をかぶった人の動きを見るのも面白いし、MOVERIOをかけてる人の様子も面白いので、ホームパーティーなんかで使ったら盛り上がるんじゃないかと思いました。

トークセッション

最後はトークセッションと質疑応答。
今後、MOVERIOでどんなことができるようにしていきたい、どんなことができるようになると面白いんじゃないか、というお話がありました。
GoProとの組み合わせなども話に上がっていましたが、私はGoProについて「体に装着するビデオカメラ」くらいの知識しかないのであまりピンとこなかったけど、色々なデバイスと組み合わせて使うのは楽しみ方が広がりそうですね。
MOVERIO トークセッション

一ヶ月間お借りします

このMOVERIOを、一ヶ月間モニターとしてお借りできることになりました。
どんなふうに使おうかなー。
エプソンさん、素敵な機会をありがとうございます!


Tagged with:
preload preload preload

Copyright © tunakko All rights reserved.