toggle
2015-03-20

三脚を使った写真撮影が楽しくて仕方がない

タイトル通りです。楽しくて仕方ないんです。
今のところ、自宅でのブツ撮りか風景写真、夜景を撮るのに使っています。
今回載せる写真は全部、三脚を使って撮影しています。

自宅でのブツ撮りは、以前にも書いたけど手持ちでいいじゃん!って思うと思いますが、三脚を使えば照明が暗めでもなんとかなるし、位置を固定しておけるので手持ちに比べて断然撮り直しが少ない。
結果的にラクだし、気持ち良いくらいのジャスピンで撮れるので楽しいです。

ガジェットなどのレビュー用の写真は、今までトリミングもしないで済むように撮ることを意識してたけど、持ってるレンズは35mm、85mm、135mm。接写リングを使うとピントが浅すぎるし、一番最短撮影距離が短くても約30cmほどなのでトリミング無しだと限界がありました。

ある日、なんでトリミングなしに拘ってたんだっけ?編集がめんどくさいからだったっけ?とふと思って、三脚使ってブツ撮りしたものをトリミングしたら結果的に短時間で必要な写真が撮れて、私はただでさえ一本書くのにすごく時間かかるので、ああこれはものすごく効率化になるなーと思い、ブツ撮りにトリミングをどんどん使っていこうと思いました。

元の写真がこれ。35mmで撮ってます。
DSC03179.JPG

上の写真をトリミングしたもの。
My RX100

もちろん、何でもかんでもトリミングするというわけではないです。
これは135mmで撮ったもの。トリミング無し。
POCKET三脚S レッド

これもトリミング無し。
ブツ撮りに135mmが大活躍しているこの頃。
この写真は、最近友達と始めたブログで使いました。
Material of quoits

ピントをどこに合わせるか迷うとき、三脚で固定していればじわじわと「どこにしようかなあ」と調節できるのでラクチンです。

これは友達と「調理器具をかっこよく撮ろう選手権」というのをやったときに撮りました。
深夜、キッチンのシンクの上にある灯りのみで撮影した魚焼きグリルです。
Gone Fish

これは公園で三脚を立てて撮りました。
ISO50でF8まで絞ってもシャッタースピードを遅くできるので助かる。
最近わりと自分の中で、絞るのがブームなので余計に楽しいのかも。
Gourd pond

ただ、絞るとカリカリになって楽しいんだけどのっぺりしてしまったりするので、絞りやピントを合わせるところをもっと考えないといけないなあと試行錯誤中。

これは初めて撮った滝。
重い機材を持って山を20分くらい下った先で撮ったんですけど、楽しかった。
あまり時間がなくて少ししか撮れなかったので、今度またたくさん時間を作って撮りに行って、色んな撮り方をしてみたい。
Nanayonotaki

Nanayonotaki

日の出は、今年に入ってから結構撮りに行ったけどまだ一度も「これ!」というのが撮れてないのが残念。日の出の時刻がだいぶ早くなってしまったので、始発で行ける場所に限りがあり難しくなってきてしまった。
これは35mm。やっぱり、絞って雲とかもないとなんかのっぺりしちゃう。嫌いじゃないけど物足りない。
Osanbashi

日の出だったら、雲もあるし船も入ってるからこっちのほうがいいかなー。
Sunrise at Akatsuki Pier Park

天気によって印象が全く変わるので日の出って面白いです。
Sunrise and airplane

工場夜景ももちろん三脚。
工場夜景って、何もしなくてもHDR風になるのが面白い。
ただ、工夫しないと誰が撮っても同じみたいになりがちなので、明日ちょうど工場夜景撮りに行くので色々試してみたいなと思っているところ。
Factory night view at Chidoricho

夜景と花火って、三脚を使って撮る被写体の代表格みたいな感じなのかな。
85mmで撮ったので花火が画面いっぱいすぎになってます。でも面白かった。
at こうのす花火大会2014


人それぞれ自分の撮影スタイルというのがあるので、三脚を使わないことに拘りがある方を全く否定しないです。でもそうではなくて、バラエティに富んだ写真を撮ってみたいけど単純にめんどくさいんだよねー、って方はぜひぜひ使ってみてほしい。三脚ならではの撮影方法を色々試してみてほしいです。ほんとに楽しいから!
最初はお試しで安価なものを買ってみて様子を見る、というのもアリだと思います。

あと楽しいだけじゃなくて私に効果があったのは、カメラを支えるのは三脚に任せておけるので、その他の部分で設定や色など細かい部分をじっくり考えられるようになったこと。私は基本的に面倒くさがりで雑なので、他のことを丁寧にする時間を持てるようになったというのは大きいです。

ハマってからは三脚を活かせる場所を選んで撮影に行くようになったし、ちょっとしたブツ撮りも三脚を持ち出さないと気が済まなくなりました。
屋外で撮るときは、三脚使用禁止の場所もたくさんあるので事前に調べておくのが吉です。
NGというアナウンスはなくてもスペース的に使えるかどうかとか。

当分、私の三脚ブームは続きそうです。


▼関連エントリ
三脚に詳しくない私が初めて買うのはマンフロットのMK190XPRO3-3Wにした
http://tunakko.net/?p=12572

マンフロット MK190CXPRO3T-3W 190Tカーボンファイバー三脚3段 RC2付3ウェイ雲台キット
http://tunakko.net/?p=13288



私の持ってる三脚

Manfrotto プロ三脚 190シリーズ アルミ 3段 + RC2付3Way雲台キット MK190XPRO3-3W


Manfrotto プロ三脚 190シリーズ ツイストロックモデル カーボン 3段 + RC2付3Way雲台キット MK190CXPRO3T-3W


Manfrotto コンパクト三脚 Befree アルミ 4段 ボール雲台キット レッド MKBFRA4R-BH

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ホワイト MTPIXI-WH

Manfrotto ミニ三脚 POCKET S レッド MP1-RD

Manfrotto ミニ三脚 POCKET L ブラック MP3-BK

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です