toggle
2015-12-07

Xperia Z5の外観/Xperia Z4との外観比較

※Xperiaアンバサダー企画のモニターとしてXperia Z5をお借りしています。開発機のため製品版とは仕様が異なる場合があります。

私が今回、モニターとしてお借りしているXperia Z5はソフトバンク版のグラファイトブラックです。背面はすべすべとした磨りガラスになっていて、色味は完全なブラックというよりチャコールグレーといった感じ。手にしたときの肌触りが良く、指紋がつきにくくなっています。

下部にはmicroUSBコネクタとストラップホール。microUSBコネクタは、Z4に引き続きキャップレス防水となっています。キャップレス防水は本当に便利なので今後も是非このままいってほしいです。


指紋認証機能の搭載により、平べったくなった電源ボタンとボリュームボタン、シャッターボタン。Z4との比較はのちほど。


左側面には「XPERIA」の刻印が加わりました。


同じく、左側面のmicroSDメモリカードとnanoSIMカード挿入口。Z4に引き続き一体型となっています。


開けるとこんな感じ。爪をひっかけてトレイを取り出すのですが、トレイの受け皿が背面側を向いているので、ディスプレイを自分に向けた状態でトレイを取り出すと中身が落ちます。(爪を引っかける部分が背面側を向いているので、そういう取り出し方をする人は少ないかもしれませんが。)これは、ディスプレイ側を上にするのは構造上難しいのかな。ディスプレイ側が上になっていたほうが、取り出すときにもわかりやすいんだけどな。(Z4も同じく)




ヘッドセット接続端子はZ4と比べて位置が変わり、上部左側になりました。


右側面をZ4と比較。電源ボタンは先述の通り平べったくなり、その他ではボリュームボタンの位置が結構変わりました。片手持ちして左手の人差し指/中指or右手親指でボリュームボタンを操作していた人は操作しづらくなったかも。


下部については変わらず。


microSDメモリカードとnanoSIMカード挿入口は、位置は同じなのですがなぜかキャップの大きさに違いが。


Z4のほうが、トレイ+αの幅ギリギリの大きさになっているみたいです。


ドコモ版Z4とソフトバンク版Z5を並べてみたところ。ロゴの位置などはあまり参考になりませんが、いちおう。


持ったときの感触としては、Z4のほうがサイドフレームの部分が丸みを帯びていて、手に当たる部分が優しく感じます。重さはZ4が約144g、Z5が約154gと10gの差があるのですが、そんなに差は感じません。厚みは、Z4が約6.9mm、Z5が約7.3mmと若干Z5のほうが厚く、持ったときはZ5のほうが厚みがあるというより、サイドフレームの端が若干出っ張っているような感触です。

電源ボタンは意外とすぐ慣れました。個人的には思いのほか指紋認証が快適で、Z5で慣れてしまったのでZ4を手にしたときも、電源ボタンを押したあと指を置いたまま、ロック解除を待つようになってしまいました。ちょっと待ってから「そうだこれZ5じゃなかった」と通常のロック解除をする、という感じに。

今回、Z5のカラーバリエーションは私がお借りしたグラファイトブラックの他、ホワイト、ゴールド、グリーンが用意されていますが、背面は同じく磨りガラスになっていて、「完全な白」「金」「緑」という色ではなく、全て落ち着いた色味になっています。特にホワイトは特徴的で、前面のベゼルは真っ白ですが、背面は薄くグレーがかった色味になっていました。これは普段の生活に溶け込む色合いを意識したそうです。他のモニターの方々の端末写真も是非参考にしてみてください。

関連記事

コメント1件

  • shigiryou より:

    退化した給電端子が消えたままなのでスルーだな….

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です