toggle
2009-12-22

HYBRID_W-ZERO3/内覧会レポ#2

写真が主なレポ#2です。

道に若干迷いながら会場に到着すると、既にすごい人数が端末の周りに。

ということで人が持っている端末を撮らせてもらいました。
見てわかると思いますが、かなり手の脂がつきやすいようです。
これは保護シート必須ですね。

スライドさせたときの側面。
ワンタッチ操作がしやすいように、サイドキーも多めの印象です。

裏側。5メガの文字が見えます。フラットでシンプルなデザイン。

男性が片手で持ってこの状態なので、女性の手で片手操作は実際難しいかなと思いました。

なぜか私のOMNIA VISION 940SCで遊ぶいっちゅうさん。
さすが、もう買うことが決まっている人は余裕です(笑)

プレゼンテーションが始まりました。
ここからの内容はHYBRID_W-ZERO3/内覧会レポ#1でどうぞ。

プレゼンテーション、質疑応答が終わってじゃんけん大会へ。
私もmicroUSBアダプタをいただきました。ありがとうございました♪

最後のタッチ&トライにて。
光るジョグ機能内蔵カーソルキー「Xcrawl(エクスクロール)」は、
ちょっと操作が難しくてなかなか思った通りの場所に移動してくれなかったり。
操作には慣れが必要そうでした。
UIなどの挙動はもっさりということはなく、軽快に動いていた印象です。

Operaは搭載されていなかったので、microSDで持参してきていた方のをインストールさせてもらったところ。

今回思ったのは、WILLCOMには根強いファンが多いということ。
待ってました!という方が多かったように思います。
そこにQWERTYキーを排除したこのデバイスを投入というのは、かなりのチャレンジだなあということ。
個人的には私もQWERTYキー好きなので搭載してほしかったところですが、
新しいユーザー層への訴求と和製スマートフォンとしてのチャレンジということで、
まだまだスマートフォンユーザーの拡大を試みているという姿勢は単純に嬉しいなと思いました。

ただこの手のターゲットユーザー層の説明でいつも少し残念だなあと思うのは、ビジネスユース=「ビジネスマン」が想定されているという点。
デキる男性だけではなく、女性ももっと視野に入れてくれたら更に嬉しいです。
女性のWILLCOMファンは私の周りにも結構多いのですよ。(笑)

今回触れたのはまだ評価機の段階ということで、操作感がどうかで購入を検討するつもりの方は、各所のレポをチェックして店頭に実機が並ぶのを待ってから検討したほうが良さそうですね。

Windows phone FANさんのサイトに内覧会掲載ブログ一覧がありますので、そちらでも是非チェックしてみてくださいね。

内覧会掲載ブログ一覧

コメント1件

  • tunakko より:

    【New Entry】HYBRID_W-ZERO3/内覧会レポ#2 http://tunakko.net/?p=3705

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください