toggle
2013-08-13

オーロラ王国カナダにいってみたい!(妄想)

前回のエントリーで、行くなら「オーロラと世界遺産を巡るツアー」と書きましたが、こんなツアーがいいなと妄想してみました、

まずはいきなりカナディアン・ロッキー山脈自然公園群。
ここは4つの国立公園と3つの州立公園によって構成されているそうです。(Wikipediaより)
ロッキー山脈のカナダ部分をカナディアン・ロッキーと呼ぶそうですが、公園全体だと広すぎるので一部分しか行くことができなさそうです。

カナディアンロッキー観光の拠点であるバンフでは、ホテル、ショップ、ゴンドラで登れるサルファー山やボウ滝などがあるそうです。
また、アッパー温泉という温泉もあるので、ここは入っておきたいですね。
景色を見ながら温泉に入れるのかどうかはわかりませんが、それができる…かも?

バンフではサルファー山から見えるロッキー山脈の雄大な景色が特に素晴らしいそうで、きっちり天候を確認してから訪れたいところです。

※写真はイメージです

次はナイアガラの滝。
ナイアガラの滝は、実は3つの滝から構成されているそうです。
その3つとは
・カナダ滝
・アメリカ滝
・ブライダルベール滝

ピークのシーズンは春から初夏で、5月から10月の間だとジェットスキーを大きくしたようなボートなどのアトラクションが楽しめるようです。
冬はアトラクションが無さそう…と思いきや、「滝の裏側探検」というのがあるそうです!
エレベーターで一気に滝の落差である50〜60mを降りていくそうです。
裏側から見る滝は、予想以上に迫力満点だそうですよ。

次にウォータートン・グレイシャー国際平和公園。
この公園は、アメリカ・モンタナ州にあるグレイシャー国立公園と、カナダ・アルバータ州にあるウォータートン・レーク国立公園、この2つの国立公園が国境をまたいでつながっており、ウォータートン・グレーシャー国際平和自然公園と呼ばれているそうです。
ここも世界遺産に登録されており、絶景が期待できそうです。

そしてメインのオーロラ。
オーロラとは、太陽からやってくるプラズマ粒子(電子やイオン)が地球磁気圏に入り込んできて、電離層(上空100-1000km)の大気とぶつかって発光する現象だそうです。
オーロラは星が透けて見えるらしいですよ!

こんな光景を家族や大事な人と見れたら素敵ですよね。一生の思い出になると思います!!
是非、カナダに行きたいです!!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です