toggle
2013-07-24

2冊めの写真のブックを作りました

1冊めを作ってからだいぶ写真も増えてきたので、2冊めのブックを作りました。
(1冊めのブックは、この屋久島のブックとは別です。)
今回も前回と同じく、シャシンヤドットコムさんでお願いしました。

シャシンヤドットコム
http://www.shashin8.com/

前回はよくわからないまま注文してしまったのですごくお金がかかってしまったのですが、
今回はこういった処理を事前にすることで六つ切り1枚100円の金額で安価に印刷してもらうことができました。

今回した処理

[カギ] オンライン現像する時の余黒をPhotoshopで作る方法とPhotoshopのアクションの活用
http://usklog.net/archives/4172

現像する場合、撮影した画像の縦横比とプリントサイズの縦横比が異なる場合があると、余分な部分は現像屋さんがトリミングしてしまうのです。
それを避けるために「ノートリミングでお願いします」と頼むと大変なことになります。
1画像につき150円追加になるのです。

前回はここがよくわかっておらず、六つ切り一枚100円プラス150円の金額でお願いしてしまったのでかなりの金額がかかってしまいましたが、前述の処理をすることで「ノートリミングで」とお願いする必要もなく、余黒の写真を現像してもらうことができます。

今回は、以下のsetの写真を印刷してみました。
でも1冊めのブックの写真とかぶってるものもあったので、選びなおしてまたプリントをお願いしようかなと思っています。

Book2
http://www.flickr.com/photos/tunakko/sets/72157633037285118/

こんな感じの写真を40枚選びました。

8C8A2494

ブックと中のリフィルについては色々な種類がありますが、私はコスモスインターナショナルというメーカーのものを使っていて、写真は六つ切りですが四つ切り用のものを使っています。
リフィルは10枚入りの安いほうのを使っています。
川崎・秋葉原・新宿のヨドバシカメラで探してみましたが、新宿のヨドバシカメラが一番品揃えも良く、店員さんも知識が豊富で色々教えてくれました。
ブックの外側とリフィル20枚(両面に一枚ずつ写真を入れます)で大体7,000円ほどかかります。

上記は六つ切りや四つ切りの話なので、他のサイズで印刷・ブックを作成すれば勿論、もっと安価におさめることは可能です。

デジタルカメラで撮った写真は、ついついパソコンの中に保存しっぱなしになりがちですが、一度印刷してみてください。ハマります。
ピントが合ってると思っていた写真が実はボケていたり、パソコンで見た感じとは全く印象が違ったり。
定期的に自分のブックを作るのも、写真の撮り方や撮る対象がなんとなく違ってくる様子がわかったりして面白いですよ。
是非試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です