toggle
2018-11-05

「Keenai」サービス終了→代わりはAmazon Photosへ

画像や動画、RAWの管理に便利に使っていた「Keenai」がサービスを終了することになってしまいました。

「Keenai」サービス終了のお知らせ

「Keenai」サービス終了のお知らせ

うう。とっても悲しい…。
Eye-Fiと連携できて、すごく重宝してたので。

代わりのサービスどうしようかな〜ということで色々検討した結果、Amazonプライム会員向けの無制限フォトストレージ「Amazon Photos」を使うことにしました。
私にとって必須なポイントは「モバイル端末から自動でアップロードできる」「RAWもアップできる」「容量無制限」の3つ。
ローカルやHDDでの画像ファイル管理はしたくないので、「Keenai」が終了してしまうことになった今では「Amazon Photos」がベストかなと。

撮影後はFlashAirからモバイル端末へ→その後「Amazon Photos」のアプリからクラウドへアップロードします。
先日のアップデートで、FlashAir W-04の写真・動画を自動保存できるようになり更に便利になりました。
設定はアプリの「設定」画面から簡単に変更することができます。

が。FlashAirでモバイル端末へ→「Amazon Photos」へ〜 の流れでしばらく使ってみた感じ、ひとつ悩みなのが…遅い。KeenaiアプリでKeenaiにアップロードしてたのとは同じ感覚で使えていないのが現状です。

あともう一つ、こちらは悩みというほどではないけど「Amazon Photos」へアップロードできるのは画像のみです。動画をアップロードすると、Amazon Driveへ保存されることになります。
なので動画をたくさんアップロードするともちろん、最初に付与されている5GBでは足りなくなり、プランのアップグレードが必要になります。
100GBストレージプランは2018/11/5現在で¥2,490/1年間。
それ以上の金額感は以下の感じ。

Amazon Driveのストレージ管理ページより

以上のことから動画はGoogleフォトへ保存してます。がっつり動画を撮ることはないのでこれで十分。

撮影後の写真をできるだけ少ない手順でクラウドまで持っていきたいけど、スピードも考えるとFlashAirから手動でPC→Dropbox。それとは別で「Amazon Photos」を現像しない画像ファイル含めて保存。が今は一番良さそう。
(Dropboxには日別で分けたLightroomのカタログ、RAW、現像したjpgを保存してる)

よっぽどメリットを感じない限りはHDDで管理したくないので、しばらくはこれで様子見になりそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください