toggle
2017-01-09

画像データの管理方法

以前ブログにもチラッと書いたことがあったんですが、ここ最近の画像データの管理方法。RAWデータを扱うようになり、ちょっと方針を変えた部分があるので更新です。


ローカルに画像データその他をたくさん保管するのが嫌い(そもそも、そんなに大容量&スペックの高いマシンが買えないし。)なのと、外付けHDDは使いたくないので、今はほとんどクラウドで保管しています。
使っているのは以下のサービス。

【Keenai(旧:Eyefi Cloud)】 $4.99/月(容量無制限/RAWのプレビュー可能)
https://www.keenai.com/ja/

【Google ドライブ】 $1.99(Google フォトやGmailを含む100GB)
https://www.google.com/drive/

【Dropbox】 Dropbox Proアカウント 1,296円/月(1TB)
https://www.dropbox.com/

【Flickr】 Flickr Proアカウント $24.95/年 (改訂前からの既存会員/容量無制限)
https://www.flickr.com/

それぞれ、こういった用途で使っています。

【Keenai(旧:Eyefi Cloud)】
→スマートフォンで撮影した写真、動画データの保管の他、α7RIIで写真撮影後、残す写真を選択してEyefi Mobi Proで端末に飛ばし、WiFi環境でKeenaiにアップロード(PCからKeenaiへ直接アップロードも可能)。jpg/RAW/動画全てをここに保管。

【Google ドライブ】
→スマートフォンで撮影した写真、スクリーンショットを保管。

【Dropbox】
→同期したDropboxのストレージ上に、Lightroomで日付やイベント名でフォルダ(カタログ)を作成。
→Keenaiにアップロード済みの画像データ(RAW)をDLし、Dropbox上の該当フォルダにアップロード。
→現像後、PCとの同期を切る(現像したRAW/jpgがDropbox上のみに残る)。

【Flickr】
→公開したい写真や家族と共有したいアルバムのみ、それぞれパーミッションの設定を変えてアップロード。

昔はHDDで保管していたのですが、クラッシュして大量の画像データを失ったことがあったので、それ以来HDDやローカルでの保管はできる限りしないと心に決めました。マメじゃないので、物理的に管理するのって得意じゃないし。クラウドが一番、性に合ってます。Google ドライブやDropbpxは、画像データだけの保管用ではないのでそんなに高くは感じてません。

この運用で全てのクラウドからデータが消えたら、あまりにもどうしようもないので諦めもつくし。趣味での撮影がメインなので、こういった管理方法でやっていけてる部分もあるとは思います。クラウド管理おすすめですよ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です