toggle
2014-07-05

10.1インチ大画面、世界最薄・最軽量のXperia Z2 Tablet SOT21をレビュー

アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークのタイアップです。

※この記事はAMNの記事広告としてレポートしています。
※お借りしているのは開発機のため、製品版とは仕様が異なる場合があります。

ソニーモバイルコミュニケーションズより、Xperia Z2 Tabletのau版、「Xperia Z2 Tablet SOT21」の開発機をお借りできたのでレポートします。


手にしてまず驚いたのが、その薄さと軽さ。
世界最薄・最軽量をうたっているだけあり、10.1インチの大画面でこれほど薄く・軽くできるのかという第一印象でした。
6,000mAhの大容量バッテリーを搭載しながら、重量は約439g、厚みはたった6.4mm。
一見ベゼルの幅が広く見えますが、これだけ大画面のタブレットを持つには、しっかり指をかけることが必要。
ベゼルの幅が狭いとディスプレイ内に指がはみ出して、コンテンツの表示を邪魔してしまう。
Xperia Z2 Tablet SOT21ではこのくらいの幅がちょうど良いのではないかと思います。


外観です。
ブラックとホワイトの二色展開で、今回私はホワイトをお借りしました。
背面はフラットでさらさらとした手触りです。


左側面には電源ボタンとボリュームキー。カメラボタンは付いていません。


レンズは背面左上についています。


本体上部。
左から、SDカードスロットとUSB端子。


下部。
クレードル用接続端子と、左端にはイヤホンジャックがあります。


ソニーの高解像度液晶、トリルミナスディスプレイ for mobileを搭載しており、写真や動画を鮮やかに表現してくれます。
Screenshot_2014-06-30-00-29-18

私は写真を撮りに出かける時、タブレットを持って行ってEye-Fiで撮った写真をタブレットに飛ばし、タブレットで写真の確認をしています。
今回お借りしたXperia Z2 Tablet SOT21を、持ち歩いているタブレット代わりに持って行ってみたのですが、写真を非常に綺麗に映し出してくれています。


また、設定→画面設定から、「X-Reality For Mobile」をONにすることでだいぶ映りが変わってきます。
こちらがOFFの状態。


こちらがONの状態。
OFFの状態と比べて、更に鮮やかにシャープに映し出されています。

普段持ち歩いているタブレットは、7インチでXperia Z2 Tablet SOT21と比べてわずか約100g差なので、持ち歩きも苦ではありませんでした。

Xperia Z Ultra、Xperia ZL2 SOL25に引き続き、ペン入力が可能なのかと思い試してみたのですが、こちらは残念ながら非対応。
ただ、画面が大きいのでスケッチでのお絵かきやPOBox Plusの手書き入力もストレスなく行えます。

インストールされいるお絵かきアプリ「スケッチ」のスクリーンショット。


POBox Plusでの手書き入力。
Screenshot_2014-06-30-01-49-30

POBox Plusの設定画面。
Xperia ZL2 SOL25にあった片手キーボード設定はありません。
まあそうですよね。


読書をするにも良い大きさです。
文字を最大サイズまで拡大しても、くっきりと表示してくれるので非常に読みやすい。



IPX5/8の防水/防塵にも対応。
お風呂で実際使ってみたのですが、Xperia Z UltraやXperia ZL2 SOL25に比べ、水滴のついた手でも暴走することがあまり無い印象。
ペン入力ができない分、反応しすぎることがないのかもしれません。

Xperia ZL2 SOL25に引き続き、フロントステレオスピーカーを搭載しているので、動画や音楽、ワンセグ/フルセグを迫力のある音で楽しむことができます。
※TVアンテナ入力用microUSB変換ケーブルは別売りです
※フルセグ録画にはmicroSDメモリーカード (別売) が必要だそうです

OSはAndroid 4.4、Qualcomm Snapdragon 801 Quad-core搭載で動作はサクサク。
メモリROM32GB、RAM3GBとなっています。

タブレットの他にXperia機がある場合、Xperia Linkというアプリを両方にインストールし、接続設定を行うことで、Xperiaスマートフォンの画面をXperiaタブレットと共有したり、Xperiaスマートフォンのテザリングを使ってXperiaタブレットをタブレット側の操作だけでインターネットに接続したり、といったことができるようになります。

Xperia Link(Google playへのリンク)


この設定は、2つのXperia機がAndroid4.4以降であれば、NFCでのワンタッチ設定ができます。
 

タブレット側のXperia Linkより、Xperiaスマートフォンを介したテザリングでのインターネット接続が可能です。


また、タブレットにウィジェットを置くことで、ワンタッチで接続することができます。これは便利。
 

OSがAndroid4.4なので、私がこちらで紹介している「Smartband SWR10」とも接続・専用アプリの利用が可能です。
Screenshot_2014-06-30-01-23-06


単体ではもちろん、Xperia機と連携させることでより便利に使えるXperia Z2 Tablet。
何より、この大画面でこの軽さであることで、自宅だけではなく気軽に外に持ち運べるということが大きなメリットだと思います。
この薄さと軽さ、ストレスの無い操作性を是非体験してみてください。


関連記事

コメント1件

  • tunakko より:

    【New Entry】: 10.1インチ大画面、世界最薄・最軽量のXperia Z2 Tablet SOT21をレビュー – http://tunakko.net/?p=10532

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です